三間飛車 vs 右四間飛車 三間飛車は無茶攻めにも強い [将棋]

スポンサーリンク

※以前のブログからのお引越し記事です。前のブログはこちら

どうもモンテです

今日はノーマル三間飛車です

お相手が右四間飛車ですね。

f:id:monte123:20190726111031j:image

25歩までついて右四間飛車に振るのは珍しいですね。

では、早速

42銀待機は悪手

普段私は42銀と待機させて角交換を同銀ととるのが、好きです。

銀で相手の2筋を止めれますから。

しかし、右四間飛車だと下の攻めがありますね

f:id:monte123:20190726111249j:image

はい、これで、歩を取られてイマイチです

しかし、相手からの角交換は同桂とすることで、右四間飛車を止めれます。

f:id:monte123:20190726124459j:image

これは覚えておきましょうね。

私右四間飛車よく指しますがここに33桂馬された時点で負けを意識します

続く無茶攻め

ここからお相手の大暴れです。

しかし、やはり美濃囲いと三間飛車はこういうのに対応がしやすいですね

まず、64の銀と連動させて、53の地点狙った26角打ち

f:id:monte123:20190726124701j:image

さらに44の垂れ歩から43歩成り

f:id:monte123:20190726125420j:image
f:id:monte123:20190726125427j:image

さらに攻めを足されても飛車を4筋に振れますしね。

三間飛車の利点

遡って34手目です

f:id:monte123:20190726125607j:image

この時に31角をされると5筋突破されてますね。

やはり角の打ち込みに強いですね

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました