お手本のような棋譜!初心者でも使える穴熊対策!

スポンサーリンク

※以前のブログからのお引越し記事です。前のブログはこちら

気持ちよく、トマホークが成功しました!

ここまでハマるのは珍しい。お相手は初めてだったのか、対策をご存知ないようでしたね。

トマホーク指してみようかなという人の理想形に近いと思ったので、残しておきます。

序盤の駒組

実はそんなに手順が正しいか分からないし、相手の組み方で少し変わってくると思いますが、大体はこの形を目指してください。

f:id:monte123:20190924132422j:image

これを基本図とでも呼びましょうか。

大切なのは15歩と38銀、58金の位置です。

特に58金は角が24と覗いた時に、先受け出来ているので、重要です。

場合によっては58金を省略して飛車を振り戻すこともありますが、まぁまずは基本を。

ちなみに、当然ですが、

f:id:monte123:20190924132640j:image

16歩に14歩と突き返された時はトマホーク出来ませんので気をつけてね。

そして、相手が12香車として穴熊に潜ろうとしたタイミングで17に飛車を跳ねます。

f:id:monte123:20190924133141j:image

ソフトでも最善手として出るんですね。

トマホークの狙い

ここからお相手の応じてはたくさんあります。

また、基本図で、居玉としておくか、48玉とするか、67銀とするかなど色々ありますが、基本方針は17の桂馬と角と左銀と、時間があれば右銀、飛車を地下鉄っぽく振り直して19飛車からガンガン攻めていくか、私は全て覚えきれませんので、その辺は本などで笑

あとは、アユムさんの動画オススメですね。

では、今日は最もシンプルなパターンを見ていきます。

左銀で角頭、桂頭を狙う

まずはこれを考えてください。

お相手は44角と受けてきました。ちょっと珍しいですね。

f:id:monte123:20190924133912j:image

はい、ここから46歩と56銀で角にプレッシャーをかけます。33桂馬と相手も受けてきますが、

f:id:monte123:20190924133627j:image

45歩であえなく退散

桂馬と角だけでは崩せないです。

銀と歩の協力が必要。

忘れた頃に飛車を活躍させる

さて、ここまでは角が主役でした

飛車は何するの?

あんまりよくわからないですが(笑)、相手が忘れた頃に左辺をぶっ壊して穴熊崩しに参加させるイメージでさしてます。

f:id:monte123:20190924134654j:image

上は角のにらみに、たまらず相手が角交換をお願いしてきた場面ですね。

角交換の直後に、偶然思いついた妙手がありました。

善し悪しは知らないですがカッコイイので紹介します。笑

それは、

f:id:monte123:20190924134837j:image

83歩!

これ狙い伝わるでしょうか。次まで行くと分かりやすい?

f:id:monte123:20190924134924j:image

84歩から25桂馬!

これは厳しいですよね。銀がよければ、王手飛車があります。

飛車が下がれば角交換から8筋逆襲です。

あれ、私なんか今日冴えてる。いい手だ。

このように右側でポイントあげて飽和した後に、思い出したように飛車を使って左から攻めてポイントを上げる感じにしています。

これが決まると楽しい。

今日の次の一手

f:id:monte123:20190924135312j:image

66角、44金と進んだ局面です。

さて、飛車をとる?角を切って33銀?

正解は

普通に飛車をとれとのことでした笑

考えすぎた笑

しかもこの後考えすぎて、飛車交換まで挑みます

f:id:monte123:20190924135510j:image

ちょっとやりすぎでしたね

まぁでも、トマホークでだいぶポイントあげていたので、どちらでも優勢でしたね。

今日の棋譜はこちら。綺麗だからぜひ見て!

将棋ウォーズ
将棋ウォーズ【日本将棋連盟公認】は、従来の将棋アプリの常識を覆す派手な演出、グラフィックとAIを駆使し、超初心者から上級者まですぐに適切な相手が見つかる充実のオンライン対局を提供するサービスです。 10分切れ負けや3分切れ負けや10秒将棋でスピーディーに対局できます。オフラインでコンピュータと対局もできます。将棋ウォー...

実践詰将棋

f:id:monte123:20190924135625j:image

今日は3手です

答えは

f:id:monte123:20190924135804j:image

44桂馬から。

詰みまで見えて、相手の無茶攻めも完全に切って、序盤、中盤、終盤隙がないよね。コマの躍動がうんたらかんたら。

はい、では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました