三間飛車VS飯島流引き角戦法 狙いと対策 [将棋]

スポンサーリンク

※以前のブログからのお引越し記事です。前のブログはこちら

飯島流引き角戦法との対局です。

あまり飯島流引き角戦法がよく分からなかったので調べました。

飯島流引き角戦法の狙い

どうやらこの形ですね。

f:id:monte123:20190521122014j:image

下のリンクがわかりやすいかな

どうやら、角道をあけずに左美濃に組むことでコビンを気にする必要が無い。

振り飛車相手に指す戦法のようです。

確かに角道空いてないので角のサバキに苦労しました。

有効な対策がネットで見つからないので、居飛車風に組み替えるとかが必要かもしれませんね。

知ってたら教えてください。https://www.shogi.or.jp/column/2018/07/41.html

三間飛車での対局 

ここからは実践です

後手版です

f:id:monte123:20190521122633j:image

ソフト的には特に居飛車が良くなったりしないようですね。

35の地点から斜め棒銀的な攻めがいつでもあるので気にはなりました

その35の攻めも取り込ませて銀で歩を取れば特にこわくなかった。さすが三間飛車。急戦に強い

垂れ歩で手を作る

角をさばいた攻めが見込めなかったので垂れ歩で手を作りました。

この38歩がよく打てたなと自画自賛

f:id:monte123:20190521123058j:image

これで相手が焦って悪手を指したのでズルズル良くなりました。

桂馬を取られないように跳ねたのが不味かったですね。

f:id:monte123:20190521123231j:image

実践詰将棋

ここから9手詰めです

f:id:monte123:20190521124048j:image

答えは

59飛車成、88玉、79角、同銀、67桂馬、88玉、79銀

67桂馬見えなかったなぁ

f:id:monte123:20190521124448j:image

コメント

タイトルとURLをコピーしました