角道オープン四間飛車の基礎

スポンサーリンク

どうもモンテです。いつの間にか年の瀬ですね。三間飛車の幅を広げようと、 角道オープン四間飛車の基礎 を勉強しました。

そのうち角道オープン三間飛車に繋げたいと思ってきます。


というかマジでここ数年昇段しないので、真面目に勉強が必要です。

全てを覚えるのは無理なので1つづつ身につけていきます。

とりあえずは本当に基礎だけ紹介

ちなみに今回参考にした本はこちら↓


スポンサーリンク

角道オープン四間飛車の基礎

相手の囲いを弱くする

8手目までですが、ここまでが今日のメインです。

ポイントは玉が78に移動する前に角交換を仕掛けることです!


これの何がいいかといえば、相手の囲いが組みにくいということ。

左美濃には組めなくなるし、銀冠か矢倉に行くんではないでしょうか。

矢倉なら戦いやすい気しませんか?


そもそも角交換四間飛車の利点

これは穴熊に組ませにくくしていることです

ここのポイントを抑えて戦っていきましょう

ちなみに私はこの後向飛車に振り直して戦いましたが、初めてのたどたどしさが丸出しになっています。

美濃囲いが固いのでさっさと飛車交換すべきでしたか。

今日は短いんですがこれだけ!

https://kif-pona.heroz.jp/games/futaba1-raju-20191229_074430?tw=1

角道オープン四間飛車のおすすめ棋書

タイトルとURLをコピーしました